2014 My Dream KUROENBI ベスト3(宝塚/黒燕尾)

2014年といえば、宝塚歌劇団100周年の年でしたね。今年はホントにもう、ものの見事にハマってしまったので、記念に2014年の思い出の黒燕尾の群舞をまとめたいとおもいます。(2014年1月1日〜12月15日までに宝塚大劇場で行われた公演が対象。)タイトルだけで既にネタバレ感ありますが、とてもテンションが上がっています。

と、こうやって自分が大切におもっているものの記事を書こうとおもったとき、id:nandeyanen36さんの公式動画だけの使用を貫く姿に敬意を表さずにはいられません。わたしもがんばります。

第三位

宙組 ベルサイユのばら―オスカル編―』

https://www.facebook.com/video.php?v=477935048975480&set=vb.229456127156708&type=3&theater

(早速youtubeに公式動画がありませんでした。facebookのリンクですがみなさまみれますか?)

まさかのレビューすべてオスカル姿で登場のかなめ様。単なる二次元。ほんとに漫画からそのまま飛び出してきたような出で立ちで、男役を引き連れて踊る姿には感動しました。今年のはじめ、NHKで特集されたときも少しこの時のダンスの練習風景が特集されていましたね。美しかった…。

黒燕尾関係無いですが、一幕最後のゴールドセイント姿に笑ったのは私だけではないはずです。そしてなによりあの「シトワイヤン!いざゆかん!」はほんとに泣けました。宝塚のベルサイユのばらはどこか伝統芸能的な…流れるようにセリフを言う「型」みたいなのがある気がしていて、それが個人的にはあまり好きではなかったのですが、かなめさんのオスカルを見て、汗と血にまみれたオスカルを感じることができて嬉しかったです。

そんな凰稀さんも現在の公演をもってご退団なさいます。ぜひ生きる二次元を生でご堪能ください。フェニックス、ほんとすごいですから。

第二位

花組 TAKARAZUKA∞夢眩(ラスト・タイクーン


花組公演『TAKARAZUKA ∞ 夢眩』 - YouTube

蘭寿とむさんの退団公演でした。無限ではなく夢眩。人夢とかいてとむ。こんな愛咲ルイみたいなことを現実世界にもってこれちゃうのは赤面王子だからこそ?

蘭蘭コンビの舞台は、ファントムしか見ていなかったのでひどく後悔しました。

ただただとむさんの腰使いに気をとられてしまって、あまり記憶がないのですが、とても思い出に残った公演でした。むしろこれが今年だというのが信じられない…

ダンスのキレ、抜け感、男の中の男。フゥッ。

 

第一位

何って…何ってこれが書きたかったんです…

雪組 My Dream TAKARAZUKA(一夢庵風流記 前田慶次

壮一帆さん退団公演でした(泣)。男役さんがはけた瞬間、座っている壮さんが現れて、歩き出したら未涼さんと早霧さんが後ろから降りてくるあの瞬間…初めてみたときほんとに叫びそうになりました。

NHK思い出のメロディーで中継されましたね…泣きましたね…

はじめと終わりが壮さんらしいとびきり明るい曲だったので、間の音楽やダンスが本当にかっこよくって、とても印象的でした。心臓に響くベースの音のせいなのか、壮さんの表情のせいなのか、なんなのか、どうしたらいいのか…


雪組公演『My Dream TAKARAZUKA』 - YouTube

 番外編

黒燕尾ではないでが、というか黒燕尾だけではないですが、星組 パッショネイト宝塚!(The Lost Glory)はほんとにすごかったです。B席でしたが、舞台からのパワーやオーラが見えるようで、力強くて…。ときめくだけじゃない、新しい力をくれた公演でした。


星組公演『パッショネイト宝塚!』 - YouTube

 

感想を書いたり、魅力を伝えるのって本当に難しいですね。。。

 さて、来年は101周年。(周年というにはなんか中途半端な感じするけど)来年もみなさんが清く正しく美しく、素敵な一年が過ごせますように。

コングラッチュレイショ〜ン〜コングラッチュレイショ〜ンコングラッチュレイショ〜ン宝塚〜

 

宝塚が見たくなった方は、ぜひ一度劇場へ足をお運びください。


宝塚歌劇団 超初心者入門 - yukararam's diary

familia 11/29

YYYのナイスガイに衝撃を受けてすぐ、大空祐飛さんが退団後初めてのミュージカルに出るというので、チケットをとってくれた友人と一緒に観に行ってきました。
f:id:yukararam:20141129212752j:plain
公演チラシをみて「えー、なんかちょっと微妙」とか思った私を殺してください。

公演の感想は後ほど。

後から調べて分かったのですが、私の初宝塚は宙組カサブランカ、祐飛さんのお披露目公演でした。「これはやばい、気をぬくとここは蟻地獄だ」と思い、宝塚観劇は一年に一回と心に誓ったあの日。

あれからすぐ、念願のベルサイユのばら上演を皮切りに、100周年の波にのまれ、ご贔屓様に出会い、別れ…そして過去公演を見漁ったプチヅカヲタ期間を経て、祐飛さんに再び出会ったのでした(映像で)。

後悔した…
なぜあの時、心求めるまま流れに身を任せなかったのか。
なぜあの時、自分の気持ちに嘘をついたのか!
わたしは…もう…動いている祐飛さんを見ることが…でき…ない…YYY…(舞台には出られていましたが、東京公演だったので断念していた)

嘆き哀しんでいたその時。私の耳に、冒頭のときめきニュースが飛び込んできたのです。君の瞳に乾杯!


そして、今日。ついに動く祐飛さんを目撃することに成功しました。ほんとに勢いで観に行ったので、前情報もなく軟派な気持ちで観に行ってすみませんでした。

まず会場がよかった。新しいホールなんでしょうか。そんなに音響はよくなかったですが、全体的に落ち着いた色で、落ち着く空間でした。

そして、ストーリー、歌、美術、どれも無駄なくシンプルでした。最後に、花びらが上からひらひら落ちる演出はよくありますが、セットに刺さるのは驚きました。面白かったです。専門的なことは分からないので素人の感想ですが。

そしてそして、なによりキャストのみなさんがすごく良かった!!
あまりに無知で他での活躍を知らなくてすみません。全員かっこよくて、キレがあって、間合いが上手で、もう一度みたい!と思いました。市民役と軍人役を一気にやる構成も凄い。
エバは祐飛さんじゃな…おっと。失礼。
いいんです。観れただけでいいんです。演技はわたしの好みですごく良かったし。

というわけで、思いの丈をぶつけるだけの内容でしたが、見てみようか迷っていた方にはかなりオススメできる演目だと思いました。

兵庫の公演は明日の2公演のみです。急いで!http://www.tsmusical.com/stage/

いろいろ。

心臓がガサガサしている。
感化されて、感情的になって、沈めて、慌てて、詫びて、なんやかんやしていたら、今とても心臓がガサガサしている。

なんでや。
とにかく今はそんな状態(内容)を人に言いたくて仕方ないけど、うまく言えないので、書いて流すことにしました。

早く落ち着け。いろいろ。

2013年振り返り

毎年振り返りエントリーを残していた気がしたけど、案外なかった。
振り返りどころか豊富もここ数年書いていない!ので別の場所で書いた新年のご挨拶を振り返っておく。

去年は面白いくらい色々あったので、今年は継続の一年にしていきたいと思います。

とはいえ、プライベートではもっともっと新しいことに出会って、挑戦していきたいので、みなさま今年も一年よろしくお願いいたします。

今年は長いようで短くて、でもわりと充実していたような気がする。目の前に現れる敵を四苦八苦しながらも確実に倒していく感じ。あまり起伏なく一年を過ごせたのは初めてかもしれない。周りの環境がとても大きいきがするけど、ちょっとは大人になったのかなぁ。そういう意味では目標達成?

 

お金の使い方が変わったような気がしているのも今年。ものをあまり買わなくなって(ついに断捨離に手をだしはじめた)美味しいご飯とか、お稽古事にお金を使うようになった。あとは変わらず舞台にハマっている。有名な若い人?が出るミュージカルを見に行ったのも今年はじめて。バレエ(オムニバスやけど)もやっと観にいけた。そういえば海外旅行にも行けたし、九州全県制覇にも一歩近づいた。(まだあと強敵佐賀と鹿児島本土が残っている。宮崎、大分も通過程度なので先は長い)行ってみたいこと、やってみたいことは増える一方だし、なんとかひとつずつ実現していきたいなぁと思ったりした2013年の振り返りでした。

 

来年は…階段をひとつ登りたい。

週末

f:id:yukararam:20130721213149j:plain

週末の涼しくなってくる時間を狙って小一時間ほど御所に散歩にいくんだけども、あられちゃんがちょっとずつおばあちゃんになってきてるんだなぁとしみじみ感じています。

今からちょっとずつ体力つけようね。